dismiss_pictograms | html %>:So-netブログ " />
So-net無料ブログ作成
検索選択
 

 
ミカサ・アッカーマン調査 ブログトップ

進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン(キャラクター紹介) [ミカサ・アッカーマン調査]

 

 Scan00021_R.jpg

 ミカサ・アッカーマン

本作のヒロイン。15歳。身長170cm。体重68kg。誕生日は2月10日

エレンとの最初の出会いは惨劇の中となる。アニメ版第6話 「少女が見た世界 -トロスト区攻防戦②」にて収録。家族を殺害される場面での出会いとなる。

ほぼ絶滅した東洋人の血を引いており、ミカサの母が最後の純血の東洋人とされている。希少な血筋から三人組の強盗に目をつけられて両親を殺され、助けに現れたエレンが2人を殺害するものの1人を逃しエレンが殺されかける。、この時、まだ幼いミカサは抵抗できずにいた。しかしエレンの「勝てば生きる。戦わなければ勝てない。」の言葉により、ミカサは強盗に襲いかかる。

残る1人をミカサが心臓をひとつきで殺害する。その際、。ミカサ自身、「この世界は残酷で美しい」と表現し以後、自身を思うようにコントロールする技術を習得する。

 騒動が収束し、両親を失ったミカサは、イェーガー家に引き取られた。その際、エレンからマフラーを巻いてもらい、以後そのマフラーを暑い時以外肌身離さず身につけトレードマークになる。命の恩人であるエレンを半ば盲目的に慕うようになり、彼の傍で共に有ることに依存とも呼べる強い執着を示すようになる。

幼少時に母親によって一族が受け継ぐ刻印を右手首に付けられている(アニメ版6話では刺繍で模様を縫う形で受け継がれることに置き換えられている)。

冷淡な思考と情熱的な志向を併せ持つ両極的な性格をしており、言葉に関してはジャンにトロスト区奪還作戦において訓練兵を鼓舞しようと発言するが、「残念なのはお前の言語力だ。」と言われ、23話 「微笑み ――ストヘス区急襲①――」収録ではアニが女型の巨人の疑いがありエレンやアルミンがアニを説得する中「不毛」など古風で時代遅れな言葉を口にして戦いを挑む。

大部分では無表情で他者には薄い反応を示す反面、エレンに関わる物事には感情的になりやすく、周囲が見えなくなり暴走する危うさも内包している。 特に戦場においてはエレンが戦死するのを恐れるあまり、隊列を乱してでもエレンの近くに趣き守ろうとする。そのたびにエレンに「俺はお前の子供でも弟でもない。」と突き放される。

こうした感情はエレンに関わる周囲の人間に向けられることも多く、エレンを救うために敢えて彼に暴力を振るったリヴァイを「あのチビは調子に乗りすぎた」、エレンに気があると思い込んでいるアニを「あの女」などと呼び、敵意を剥き出しにすることをはばからない。特にエレンが尊敬の念を抱いているアニには、しばしば嫉妬と思しき感情も覗かせていた。

両親を殺された事件がきっかけで、家族を失うなど内面的な大きな衝撃があるごとに脳のリミッターを意図的に開放する能力を身につけていると思われる。(この身体能力の件に関してはリヴァイも同じ特徴を有しており血族の関連性があるのではと推測される。)

このため常人よりも高い身体能力を有しており、格闘技に長けるアニをして漫画単行本11巻にてエレンの回想で戦いの際「猛獣」と言わしめている。

 

進撃の巨人 ブログランキングへ

WS000002.JPG 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
ミカサ・アッカーマン調査 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。