dismiss_pictograms | html %>:So-netブログ " />
So-net無料ブログ作成
 

 
アルミン・アルレルト調査 ブログトップ

進撃の巨人 アルミン・アルレルト(キャラクター紹介) [アルミン・アルレルト調査]

 

 Scan00032_R.jpg

SPECIAL THANKS  Tomoko・Onoue

 

アルミン・アルレルト

 15歳。身長163cm。体重55kg。誕生日は11月3日

エレンとミカサの幼馴染の少年で、特にエレンとはミカサと知り合う以前からの数少ない親友。彼らと同じくシガンシナ区で生まれ育った。

845年に突如あらわれた超大型巨人による壁の破壊により巨人が侵攻した時エレン、ミカサの家が大破し、エレンの母(カルラ)が瓦礫に埋もれ2人が救い出そうとした時周囲の状況を察知して駐屯兵団ハンネスを呼び助け得るなどして、直情型のエレンと違い冷静に周りを見ることができる。エレンには後に、お前がいなければ俺もミカサも死んでたとしてアルミンのとった行動にたいして感謝や評価をしている。

アニメ版第2話 「その日 -シガンシナ陥落②-」では、 巨人が進行してウォールマリアからはしけぶねで脱出する際には、お祖父さんとおぼしき人物と逃げ込む。(詳細は不明)翌年に敢行された領土奪還作戦に従軍した両親が死亡しており、難民の「口減らし」を意図した施策と察してこれを主導した憲兵団を恨んでいる(アニメではこの設定が変更されている)。 人類はいずれ外の世界へ行くべきという考えを持っていることにより、幼少期には周りからは異端とされいじめられることも多かった。エレンが外の世界に憧れるようになったきっかけも、外界について記された祖父の蔵書を見せたことによる。アニメ版5話 「初陣 -トロスト区攻防戦①-」収録(内容は海には取り尽くせないほどの塩が存在する。炎の水、氷の大地、砂の雪原等)

穏やかで優しい人柄だが、活発さに欠け争い事が苦手であり、体力がない。キース教官に「巨人の餌になるか?」と山岳の訓練で遅れそうになるアルミンに激を飛ばすシーンがある。(アニメ版4話 「解散式の夜 -人類の再起②-」収録)本人はそのことを不甲斐なく感じていたりと内罰的な面があるが、根底にある意志は堅固。アニからは「弱いくせに根性がある」と評される。本人はエレンやミカサのような強さに憧れるあまり自覚できなかったが、実際には危機的な状況でこそ的確な判断や知略を利かせられる資質があり、それをエレンに「お前ってヤバイ時ほど、どの行動が正解かをあてることができるだろ。それにすがりたいと思ったんだ。」(アニメ版収録10話 「応える -トロスト区攻防戦⑥-」)と聞かされ、自分も自覚していない能力芯を発揮できるようになる。

また、調査兵団に入隊してからは更に考え方が周りの人物の影響もあり(ドット・ピクシス、エルヴィン団長、イアン・ディートリッヒ等)人間観と物事の変革における識見から非情なマキャヴェリズム的思考(目的のためには手段を選ばない、目的は手段を正当化するといった意味)にも以後ある程度の理解と必要性を見出している。

明晰な頭脳と高い記憶力、豊富な知識で座学はトップの成績を修めている。エレンからは技巧部門に進むべきと薦められるが、エレン、ミカサと共に調査兵団への入団を決断する。

 

進撃の巨人 ブログランキングへ

 43417613_m_R.jpg

 

幼馴染っていいね | ぎじんほう [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=43417613
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
アルミン・アルレルト調査 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。