dismiss_pictograms | html %>:So-netブログ " />
So-net無料ブログ作成
 

 
ジャン・キルシュタイン調査 ブログトップ

進撃の巨人 ジャン・キルシュタイン(キャラクター紹介) [ジャン・キルシュタイン調査]

 Scan00012_R.jpg

ジャン・キルシュタイン

15歳。身長175cm。体重65kg。誕生日は4月7日

ウォール・ローゼ南端のトロスト区出身。第104期訓練兵団を6番で卒業。 訓練兵団入団(アニメ版3話 「絶望の中で鈍く光る -人類の再起①-」当初から(マルコやキース教官の前でも・・結局キース教官からは、頭突きを食らわされることとなるが・・。)憲兵団を志願する理由を一切飾り立てることなく「快適な内地で暮らす特権を得るため」と言い切っていた。

ウォール・マリア陥落以来、何度となく繰り返された巨人への反攻作戦が全て無残な結果に終わっていることで「人類は巨人に勝てない」と結論付けており、少しでも生き残る可能性を求めて憲兵団を目指す自らを、「現実主義者」と称している。そのため、巨人と戦う意志を捨てていないエレンには「ビビリながらも英雄気取りしてる奴」と言い放ち意見が対立し、彼に「死に急ぎ野郎」という渾名をつけて揶揄するなど、ことあるごとに口喧嘩から殴り合いまでの衝突を繰り返していた。エレンもジャンも性格が激情家である意味似たもの同士ではあるが入隊直後はモノの考え方が正反対の為喧嘩が絶えない。 

また一方では、ナイーブな面がある。初対面で綺麗な黒髪の娘、ミカサに一目惚れするが、直後にエレンと彼女の間にある親しいだけでない絆の存在を感じ取って嫉妬するという場面があり、エレンに対して挑発的な態度を取る理由には、考え方が合わないというだけでなく恋敵への対抗心という面も含まれている様子。

立体機動装置の性能を引き出すことにかけては同期でもトップクラスで、食事をしてる時にマルコに立体起動の性能の引き出し方について解説している。対人格闘術の科目には、採点がないため手抜きをしていた為エレンと食堂にて喧嘩をした際に投げられる。エレンに「お前がチンタラやってる間に痛い目にあって覚えた格闘術だ。」と言われ以後ある程度はこの対人格闘術に置いても真剣に実践訓練してる様子が描かれている。そうした経緯もあり、エレンには劣るものの格闘能力も高い。アニメ版では、訓練兵団卒業時に「なんで俺がエレンより下なんだ。」と順位でエレンに負けたことを悔しがっていた。(ちなみにエレンは5位)

キース教官からは、その「抜き身過ぎる」性格が他者との軋轢を生みやすいと評価されていたが、巨人との戦闘を重ねるうちに、ジャン自身が変わっていく。同期の友人であるマルコは「ジャンは強くないから、弱い人の気持ちがわかるとして、そうした性格だからこそ、英雄的な資質を持たない大多数の凡庸な人間たちの弱さや利己心を理解でき、それらを踏まえた周囲に対する説得力や判断力を持っている」とジャンの資質を見込み、指揮役としての適性があると評していた。実際、104期生の初陣でミカサが単独で巨人に突撃した際には、ジャンは自ら指揮役となって同期を鼓舞・先導し、仲間たちも自然にこれに従っている。さらに仲間が巨人に食われていて茫然としていた時も、一人だけ現状を認識でき先陣を切り補給所めざし仲間を先導している。

 

進撃の巨人 ブログランキングへ

banner.png 

お前の残したポチッが俺に力を与える。
約束しよう俺は書き続ける!!

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
ジャン・キルシュタイン調査 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。