dismiss_pictograms | html %>:So-netブログ " />
So-net無料ブログ作成
 

 
サッカーW杯 2014大会 ブログトップ
前の5件 | -

W杯サッカー ギリシャ対策できている!!要注意選手は? [サッカーW杯 2014大会]

 images.jpg

日本と同じで青が基調のユニホームですね。おそらくエーゲ海をイメージしてるんじゃないのでしょうか? 

コートジボアール戦では苦杯をなめましたが、気分をいれかえ次のギリシャ戦に集中して望んで欲しいです。まだ予選敗退が決まった訳ではなく、何が起こるか予測できないのがサッカーですから最後まで私達サポーターはしっかり応援していきたいですね。そこで今度行われるギリシャ代表について分析していきたいと思います。

 grc.png

ギリシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία, 英語: Hellenic Republic)、通称ギリシャは、ヨーロッパの南東、バルカン半島最南端部に位置する共和制国家である。半島南部およびペロポネソス半島に加えエーゲ海を中心に存在するおよそ3,000もの島によって構成される。北は西からアルバニア、マケドニア共和国、ブルガリアと、東はトルコと国境を接している。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている

試合日程 日本対ギリシャ 2014年 6月20日(金)7時


まずは相手(ギリシャの分析をしていきたいと思います。)

ギリシャ代表のFIFAランキング 12位最新FIFAランキング  1064Pts 2014年6月5日

日本代表 FIFAランキング46位


ギリシャチームの主な戦績

初の国際試合 1929年4月7日対イタリア
1-4
最大差勝利試合 1949年11月25日対シリア
8-0
最大差敗戦試合 1938年3月25日対ハンガリー
1-11
FIFAワールドカップ
出場回数 2回(初出場は1994)
最高成績 グループリーグ敗退(1994、2010)
UEFA欧州選手権
出場回数 3回
最高成績 優勝(2004)

やはりギリシャチームで栄光はUEFA欧州大会の優勝が印象的です。
並みいる強豪国(ポルトガルやフランス、ドイツ)が揃う欧州選手権でサプライズ優勝しました。

戦術面

典型的な堅守速攻型のチームであり、
主にディフェンスに固めた超守備的サッカー(
現代サッカーで基本の守備戦術とされているゾーンで守るという事をせず、マンツーマンで守る)
を展開する。その反面、得点力不足が課題とされる。(2014年ワールドカップヨーロッパ予選も)
攻撃はロングボールやハイクロスを多用し、高さを活かした戦術を採っている。

ギリシャ注目される日本代表にとって要注意人物は? 

 

 

 コンスタンティノス・ミトログル(Κωνσταντίνος Μήτρογλου, Konstantinos Mitroglou, 1988年3月12日 - )は、ギリシャ・カヴァラ出身のサッカー選手。プレミアリーグ、フラムFC所属。ポジションはフォワード。かなりギリシャの選手は大きく高さを活かす攻撃もしてきます。カウンター攻撃に要注意ですね。日本は攻撃力があがりましたが、守備力が最近懸念されています。しっかり点取り屋を抑えて堅守日本を復活させて欲しいです。 

 


進撃の巨人 ブログランキングへ

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカーw杯 こののまま負ける訳にはいかない!!ギリシャ戦 [サッカーW杯 2014大会]

ギリシャ 要注意 選手 その2

 250px-Georgios_Samaras.jpg

ゲオルギオス・サマラス

ゲオルギオス・サマラス(Γιώργος Σαμαράς, Georgios Samaras, 1985年2月21日 - )ポジションはFW。
同じギリシャ人のアンゲロス・ハリステアスと同じく身長を生かしたプレーに秀でている。
2006年、移籍金750万ユーロでマンチェスター・シティFCに移籍した。2008年1月にマンチェスター・シティFCからセルティックFCに期限付き移籍。シーズン終了後には完全移籍となった。

 

 
ギリシャは ヨーロッパでも屈指の身長を生かした高さで勝負するチームです。前回記事で書きましたが、まず守備をしっかり守りカウンターで勝負をかけるのが特色でその為フォワードは高さを生かして、スルーパス一発で勝負をきめるなどこのところ守備が不安視される日本はこの身長193センチのゲオルギオス・サマラス選手の高さには要注意です。また動画見て貰えればわかりますが、足元もしっかりしてますので彼をノーマークにしておくのは大変危険です。
 
ヨーロッパで活躍する選手ですので、おそらくどこからでも点をとると思いますので、しっかりしたデータ分析はなされてるとはおもいますが、 誰がの日本選手が抑えるのかしっかりとした対策が必要かと思われます。
 
 

進撃の巨人 ブログランキングへ

サッカーW杯 ギリシャに弱点はあるのか?データ分析 [サッカーW杯 2014大会]

まずは、今大会のギリシャ戦を分析します。 

サッカーW杯 グループC

コロンビア対ギリシャ戦 

ギリシャ戦   Google 検索_R.jpg

ギリシャ戦   Google 検索2_R.jpg

ボール支配率ではコロンビアを上回ってますし、後シュート数などもコロンビアと遜色ありません。データ的に見ますと、今回の試合に限りましては決定力の違いだったように感じます。


実際動画見ますとギリシャのシュートは、不運にもポストにあたったりして得点してもおかしくない感じでしたし、コロンビアは逆にコースが変わったボールは見方の前にボールがきたりしてかなり 幸運な得点もあった気がします。得点差ほどに力の差はないよな気がします。ただ攻撃力で強みの高さですが、守備に関しては、ボールを振られると対応できないように感じます。

日本がいつもの細かく早いパスができれば、勝機がみえてくるのではないのでしょうか?前回コートジボアールに関しましては前半は日本のサッカーができましたが、後半雰囲気が変わり 逆転をされてしまいました。自分達のサッカーができれば必ず勝てると思います。実力はあるのですからプレッシャーを力に変えて是非とも今大会の初勝利をとっていただきたいです。

 日本の進撃はここからだ!!

 


進撃の巨人 ブログランキングへ

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

速報2014 サッカーW杯!!私だけですかね?サッカー日本代表が予選突破できると思ってるのは? [サッカーW杯 2014大会]

 

試合終了 • グループ C

 

日本VSギリシャ

0-0 

 

wcj14061512050012-p9.jpg

肩を落とす日本代表 本田選手 

658.jpg 

あちこちのニュースやブログなど情報見ますと、日本はもう予選突破は無理と今回ギリシャ戦、前回コートジボアール戦
の日本代表の動きの悪さに酷評が飛び交っています。確かに今回の日本代表は自分達の本来の力が十分出てない気がします

 

 1145.jpg

 それは、日本から移動の長いブラジルだからか世界最大の大会に飲み込まれたなど原因は幾つかあるとは思いますが・・。
私は確信しています。日本が予選突破出来ることを!!
アニメファン、漫画ファンの方は諦めていないと思います。そうです思い出してください。不朽の名作「スラムダンク」
山王戦を!!・・・。知らない人はいないと思います。ここからがスポーツの力、魂の力ではないのでしょうか?


誰もが山王が勝利と思っていた会場のお客さん、報道陣、しかし、湘北メンバーは誰一人諦めていませんでした。
どんなに点が離されていようとも流川、桜木、ゴリ(失礼?)赤木 宮城、三井 メガネ君・・。大会規模やスポーツ種目は違います。でも状況は同じです。
筋書きのないドラマはここから始まるのです。

 最近は日本で優秀な選手はサッカーの本場ヨーロッパのクラブに行く選手が多くなりました。レベルも格段に上がって
いると思います。しかし世界にはまだすごい選手が沢山いて日本はこれからまだまだ強くなれるはずです。

 6897.jpg

私達は次のコロンビア戦に向けて敵情視察と応援ぐらいしかできませんが

日本からパワーを送りましょう!!

images.jpg

 

 

進撃の巨人 ブログランキングへ
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

2014年サッカーW杯現在までの感想 [サッカーW杯 2014大会]


 まだ大会は終わっていませんが勝手にサッカー2014年W杯の総括します。

世界最大の大会はやはりドラマの連続でした。

 imgres-tile.jpg

今回W杯は負けたチームが印象に強い気がします。

アジアは1勝もできずに予選リーグを通過できず、今度のW杯の出場枠も危ぶまれています。日本や韓国では監督が責任を取る形で辞任当初、韓国代表監督のホンミョンボ監督は韓国サッカー連盟から残留も促されたみたいですが、国民の怒りが収まらなっかたらしく、自身から身を退く形での退任になっています。

images9-horz.jpg

スアレス選手の関連商品が全世界で売れています。 

噛み付きで一躍有名になったスアレス選手は負け組なのか?勝ち組なのか微妙というかFIFAから精神的治療が必要と言われるぐらいですから治療が必要なのでしょう。

スペインは前回優勝国は優勝できないジンクスを見事に受けてまさかの予選敗退でした。選手が育ってないこともあり、他の国から相当研究されていたみたいです。サッカーのようなハードワークでピークが20代後半のスポーツですからやはり世代交代が上手くいくかは重要な鍵みたいですね。 

 ブラジルは、本当に国民の印象に忘れられない大会になったでしょう。エースが殆ど故意に潰され、キャプテンが欠場の準決勝でドイツ相手にサッカーでは見たことがないようなスコアで歴史的大敗この衝撃は、何人かの選手は代表のユニホームを着ることもないでしょうし、今度のW杯も勢い乗れずW杯予選も厳しいかもしれません。 他の南米チームもブラジルのネーミングでは恐れなくなってしまってることもありますし、復活できるか・・。恐らく時間が必要でしょう。

さて我らが日本代表ですが今回の大会は国民の期待を裏切る結果となりましたが、世界のトップでさえ(ブラジル、スペイン・・)どうなるか分からない大会ですから、今回の大会を糧にしてまた大きくなればそれでいいと思います。この大会に出ることさえ大変なことなのですから選手の皆さんは堂々とレベルアップだけ考えて日本のサッカーを更に前進していただけたらと個人的には思います。多分メディアとか協会とか当分うるさいでしょうが・・。

 私も昔高校の頃野球をしてましたが、甲子園にいけずOBの方に随分うるさい事言われ「やってる方は一生懸命やってるのに・・。」と思いながら悔しい思いをしたこと思い出します。ましてやプロの方ですので結果は重要視され各方面からご批判を受けることもあろうかと思いますが人間飛躍的に伸びることはないと思いますのでコツコツ頑張っていただきたいです。 

敗北から立ち上がれ!!

 44505508_m.jpg

 闘志 | 魔遊☆ [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=44505508

進撃の巨人 ブログランキングへ

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - サッカーW杯 2014大会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。