dismiss_pictograms | html %>:So-netブログ " />
So-net無料ブログ作成
 

 
ハンジ・ゾエ調査 ブログトップ

進撃の巨人 ハンジ・ゾエ(キャラクター紹介) [ハンジ・ゾエ調査]

 43242667_m_R.jpg

 ハンジ・ゾエ | 魔遊☆ [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=43242667

 調査兵団第四分隊長。身長170cm。体重60kg。誕生日は9月5日。
任務中はゴーグルを、平時では眼鏡をかけている。茶髪ポニーテールを普段している。冷静で優れた観察眼の持ち主で、主に計略方面で活躍する。




エレン曰く「調査兵団の兵員は変人の巣窟と言わしめたが中でもハンジさんはその調査兵団の中でも奇行種(笑)?ではないでしょうか
普段は明るく人類の敵である巨人を目の前にしても可愛いペットかのように接しています。

ハンジさんは当初調査兵団に入隊した頃は
巨人を敵として殺す事に専念していましたが、巨人の生態を調べて間に巨人の本質は別にあると確信してそれ以降巨人の生態に関する
調査に没頭します。「イルゼ・ラングナー」の日記を見る時のハンジさんの真剣な眼差しは人類を救うため巨人を調べ上げる貴重な資料として
敬意を払い調べています。

このように2面性のある彼女?自分が担当する巨人の生体調査任務については並外れた意欲で臨み、
しばしば常軌を逸することがあるります。変人ではあるが、本質は調査兵団の誇り高い戦士であり、
兵団が多くの犠牲を出して究明しようとしていた謎の一端をウォール教が隠していたことを知った時には、その場の誰よりも激怒した。

 bandicam 2014-08-07 19-16-59-435.jpg

リヴァイからも普段は「クソメガネ」とか言われていますが彼からの信頼も厚くニック司祭が殺害された際弱気になって消極的になって
いたハンジをリヴァイはハンジに「普段なら頭の切れる奴」とリヴァイなりの褒め言葉ももらっている。「進撃の巨人」13巻

アニメ2期が始まれば更に活躍の領域がひろがるのは間違いなキャラクターです
私のブログでも名言集など沢山のページにでていますがこれからも数多く紹介するキャラクターの1人になるかと思います。

 banner6.png

 「ポチッとくそあついぜ~~べイビー。」「分隊長喜び過ぎです・・。」 



進撃の巨人 ブログランキングへ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「進撃の巨人」ハンジ命名式 チカチローニについて [ハンジ・ゾエ調査]

ソニービーン編の記事でも掲載しましたが、

クイズ進撃の巨人 ソニー・ビーンは実在した!!スコットランド凶悪事件

http://singekinokyozin555.blog.so-net.ne.jp/2014-07-10

今回のハンジゾエの巨人命名式であるチカチローニについての記事にになります。


ハンジは、巨人打倒の為に巨人を研究し調べ上げるのは周知の事実ですが人間についての観察、などにも卓越した能力を持っています。
特に大量殺人鬼など常軌を逸した人物の研究にはこの命名式でよくお分かりなるのではないのでしょうか?
このハンジの性格(彼女自身も特異な性格!?)ににより女型の巨人が判明した際、同郷のライナーやベルトルトの拘束を考えてるのもハンジによるものです。


簡単ですが、巨人の命名式による「チカチローニ」の元になった人物の紹介です。

Shingeki No Kyojin Attack On Titan  Episode 15 Sawney And Bean   YouTube.png
※因みにチカチローニとアルベルトに関しての命名式についてはマンガには掲載されておらずアニメオリジナルとなっているようです。

アンドレイ・チカチーロ

  アンドレイ・チカチーロ Andrey Romanovich Chikatiloチカティロ、チカティーロとも書かれる。 

1936年10月16日 - 1994年2月14日)は、ウクライナ生まれの連続殺人者。
ロストフの殺し屋、赤い切り裂き魔などの呼び名で知られる。1978年から1990年にかけて、
おもにロシア・ソビエト連邦社会主義共和国内で52人の女子供を殺害したとして殺人罪を言い渡された。
一部の犠牲者は、当時のウクライナ・ソビエト社会主義共和国とウズベク・ソビエト社会主義共和国で殺されている。

当時のソビエト連邦では、「連続殺人は資本主義の弊害によるものであり、
この種の犯罪は存在しない」というのが公式の見解であった。チカチーロの犯罪については、民警(ロシア語版)
(ソ連内務省管轄の文民警察組織)内部では連続殺人という認識が無く、組織立った捜査が行われなかった。
チカチーロの犯行範囲は事実上ソ連全土に及んだこと、犠牲者が男女を問わなかったことで、同一犯の犯行とは考えられず
、いたずらに犠牲者を増やす結果となった。
最終的にはKGBの捜査介入が行なわれ、逮捕されるに至った。

性的不全や大学試験失敗なども彼に連続殺人への衝動に駆りたてられる大きな要因になってるとも言われている。


進撃の巨人 ブログランキングへ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「進撃の巨人」ハンジ命名式アルベルトについて [ハンジ・ゾエ調査]

今回はは前回に引き続き殺人鬼の話になるのですが・・。アルベルトことアルバートト・フィシュについてです。

ハンジの命名式により巨人に名前を託されたソニー・ビーンの前に調査兵団に捕獲され誤って実験中にうなじを切り落とされた
巨人の1体の名前の由来です


尚 ソニーとビーンにつきましては別記事に記載しています。

http://singekinokyozin555.blog.so-net.ne.jp/2014-07-10

アルバート・フィッシュ

アルバート・ハミルトン・フィッシュ(Albert Hamilton Fish、1870年5月19日 - 1936年1月16日)はアメリカの連続殺人者、食人者。
「満月の狂人」(Moon Maniac)、「グレイマン」(Gray Man)、「ブルックリンの吸血鬼」(Brooklyn Vampire)などの異名で知られている。
正確な数字は明らかではないが、多数の児童を暴行して殺害(1910年から1934年までに400人を殺したと自供)
。肉を食べる目的で殺害された児童もいる。また、成人も殺害しているとされる。
なお、「満月の狂人(Moon Maniac)」という異名は、犯行が満月の日に行われたことが多かったことに因む。
アメリカ犯罪史上最悪の殺人鬼と呼ばれている。
身長165cm、体重58kg。(ウィキペデイアより抜粋)

進撃の巨人 (5):ブラウザ“楽読み” β版   電子書籍・コミックはeBookJapan.png 

殺人鬼とよばれる人に異名がついてましてアルベルトにはロシア(旧ソビエト連邦)の国旗にちなんででしょうか「赤い切り裂き魔」
アメリカ史上最悪の殺人鬼であるアルバートは「満月の狂人」などこの異名を聞いただけでもなんだか震えが止まりません。
巨人が人を食べることからこのような人達をピックアップしてハンジは
名前をだしたのでしょうがハンジ自身も特異な感受性の持ち主なのでしょうか?
もしくは単なる被験者として客観的に物事見て取れるタイプなのでしょうか?ハンジの性格にも個人的には気になるところです。


進撃の巨人 ブログランキングへ

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
ハンジ・ゾエ調査 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。