dismiss_pictograms | html %>:So-netブログ " />
So-net無料ブログ作成
 

 
愛すべき名脇役 イアン・ディートリッヒ編 ブログトップ

進撃の巨人 イアン・ディートリッヒ最前線にて力尽く!! [愛すべき名脇役 イアン・ディートリッヒ編]

名脇役 イアン編は戦死する場面からお伝えしようと思います。

 bandicam 2014-09-21 22-42-38-187.jpg

 イアン・ディートリッヒ

身長188センチ 体重88キロ 駐屯兵団所属 精鋭部隊班長 

トロスト区奪還作戦にて人類に託された最終手段そtれはエレンを巨人化してウォールローゼに開いた穴を大岩ににて塞ぐことであった。誰もが当初半信半疑の作戦。南側駐屯兵団を束ねるドット・ピクシスの命により開始した作戦は右往左往する展開であった。巨人化エレンは意識が覚醒せず 、人類側のミカサに攻撃を仕掛ける始末。その間にも巨人は壁内に次々と侵入する。誰もがこの作戦に異議を唱え精鋭部隊の一人であるリコ・ブレチェンスカは早々に作戦不能の赤い煙弾を発射する。そんな中この作戦を続行を進言する人物がいる。イアン・ディートリッヒだ。

 

同じく精鋭部隊のミタビ・ヤルナッハも直属の部下を引き連れ撤退をしようとしたときイアンが応える 精鋭部隊の指揮を任されたのは自分と付け加えた上で巨人の圧倒的な力に勝つ為にはエレンの力なくして不可能と説く。精鋭部隊の2人を説得し、作戦遂行し、またエレンも巨人化した状態で意識を保つ事に成功。遂に大岩を持ち上げ穴を塞ごうと歩き出す。

しかし、他の巨人がエレンを捕食しようと歩き出す。精鋭班はその巨人達をエレンから遠ざける為、自らがおとりとなり注意を自分の方に向けさせる。そうした時イアン班の部下だろうか。巨人に捕まる。その部下を助ける為イアンは自らの命を落とすことになる。

bandicam 2014-09-21 22-22-24-734-vert.jpg 

アニメ版 13話「原初的欲求-トロスト区攻防戦⑨-」  より

 


進撃の巨人 ブログランキングへ

ウォールローゼの壁が破壊される!!駐屯兵団部隊再編成急務!! [愛すべき名脇役 イアン・ディートリッヒ編]

イアン・ディートリッヒ登場。

 アニメ版 5話 「初陣 -トロスト区攻防戦①-」

 850年 5年間の短い平穏な生活に終止符を打つ・・・。

 超大型巨人及び鎧の巨人による2度目の人類に対する攻撃が開始される。

ウォールマリアを放棄した人類は次の壁ウォールローゼを何とか守りぬきたい。その為若い兵士を育成、調査兵団は巨人の生態及びウォール・マリアに続くルートの模索を行い、この5年間で巨人に対抗しうる力を蓄えようとしていた。

しかし突然の巨人の猛攻に人類はなす術を持ち合わせていなかった。 駐屯兵団はまず住民を安全な場所へ誘導を最優先した。住民の移動がが速やかに行われない限り二次被害の恐れも生じてくる。そこで優秀な兵士はまず、後列の後衛部隊の配属を命じることになる。

bandicam 2014-09-22 23-52-52-375_R.jpg 

この時早くからミカサの能力を見抜いていたイアンは訓練兵を卒業したばかりのミカサを特別に駐屯兵団精鋭部隊が配属される後衛部隊に配属を言い渡す。

本来の兵士なら直接巨人と対峙する確率が減る後衛部隊は駐屯兵団の兵士でもうれしいはずだが、ミカサにとってはエレンの身を守れないこの配属先には不満が残る。自らの実力を蔑みイアンに104期訓練兵やエレンが配属される巨人と戦闘が容易に予想される中衛部を願うもイアンに一蹴されてしまう。(ちなみに前衛部は駐屯兵団の迎撃班が受け持つ。先見班は班編成時にすでに全滅。)

bandicam 2014-09-23 00-02-19-359-horz_R.jpg 

兵士は戦闘時に私情は禁物を冷徹にミカサに話す。この緊急時に誰もが(兵士すら・・そしていつもは冷静なミカサすら・・。)興奮しパニックになっている状況下で上官のイアンの言葉は冷ややかで的を得ている。その冷徹な言葉にミカサも黙って従うしかなかった。

 

進撃の巨人 ブログランキングへ

トロスト区奪還作戦 イアン魂の名説得!! [愛すべき名脇役 イアン・ディートリッヒ編]

トロスト区奪還作戦が開始された。

(アニメ版11話 「偶像 -トロスト区攻防戦⑦-」)

イアン・ディートリッヒ 、リコ・ブレチェンスカ 、ミタビ・ヤルナッハ 3人は進撃の巨人3兵団の中でも最大規模の駐屯兵団の中の精鋭中の精鋭ドット・ピクシスよりトロスト区奪還作戦を託された3名だ。その中でピクシスは現場での陣頭指揮を任せたのはイアン・ディートリッヒだ。リコもミタビも信頼して全権を託すことに異論を唱えることはなかった・・・。作戦遂行までは・・・。

アルミンが考え出したある意味思いつきの作戦・・。エレン本人もまだ制御しきてない巨人化。この作戦に精鋭班を含む兵団の不信感。すべてが皮算用の作戦であることに変わりなくすべてが作戦の想定外で進んでいく。

作戦は遂行不能と判断したリコは早々に赤い煙弾を発射。ミタビも精鋭部隊撤退をイアンに打診する。しかし

イアンはここで2人の班長を説得する。 

 リコとミタビに直近の巨人を討伐することを指示する。もちろん2人とも拒否するが・・・。

イアン魂の説得 が始まる。

 「指揮権を託されたのは俺だ!黙って命令に従え!」 

「エレンを無防備な状態のまま 置いては行けない!」

 「俺らと違って彼の代役は存在しないからな」

「何人死のうと何度だって挑戦すべきだ!」

イアン正気なの!? リコが問い詰める

 「では!どうやって!!人類は巨人に勝つというのだ!!リコ教えてくれ!!他にどうやったら この状況打開できるか!!人間性を保ったまま!人死なせず!巨人の圧倒的な力に打ち勝つにはどうすればいいのか!!」 

「俺達が今やるべきことはこれしかないんだ。あのよく分からない人間兵器のためとやらに命を投げ打って健気につくすことだ」

「悲惨だろう・・・・?俺たち人間に唯一できることなんてそんなもんだ・・・ 報われる保証の無い物のために・・虫けらのように死んでいくだろう。 さあ どうする?これが俺たちにできる戦いだ・・・。俺たちに許された足掻きだ

この話を聞いたミタビとリコは撤退をやめて、班を率いて巨人の討伐に向かう。

尋常ではない状況の中イアンの説得が2人の班長の心を変えた。

bandicam 2014-09-24 20-56-49-375_R.jpg 

イアン・ディートリッヒはやはりアルミンが言う何かを変える人物であることには間違いない。 

 

進撃の巨人 ブログランキングへ

 


愛すべき名脇役 イアン・ディートリッヒ編 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。