dismiss_pictograms | html %>:So-netブログ " />
So-net無料ブログ作成
検索選択
 

 
愛すべき名脇役 ニック司祭 ブログトップ

進撃の巨人 巨人の世界に翻弄された男 ニック司祭 前編 [愛すべき名脇役 ニック司祭]

 

 ニック司祭   Google 検索.png

ニック司祭

年齢 その他 彼に関する詳細は今のところ不明 

進撃の巨人の人物設定注目される点の一つとしまして、「完璧な人物は存在しない」という諌山先生の信念からある人物キャラクター設定にあるかと思います。

それは主人公であるエレンにしても真直ぐな性格であるがいささか邁進してしまう。訓練兵時代では成績は5位とあえて首席とせず、人間の能力は普通にしてるところがあります。それがかえって人間らしさを作っています。

ヒロインであるミカサに関しましては首席としてその運動能力は他を圧倒しますが性格はのちにリヴァイ兵長に「根暗野郎」と言われるように無口で口下手、エレンを守ること以外にあまり関心をしめさないという今までにないヒロイン設定になっています。

そんな中このニック司祭に関しましても如実に表れています。

登場する時は壁の内側の人間を自分が強く信仰し崇拝する「ウォール教」に勧誘する布教活動から始まります。 はじめのころにはニック司祭はどちかと言いますと、壁の外側の調査兵団を含めて自由を求める者の障壁のようなそんざ存在でした。巨人な変化したエレンに対しては特に人類の脅威として特別兵法会議においては全面排除をザックレーに進言していおり、また教団はある秘密を共有しているみたいでその秘密を守るためなら、ハンジに壁から突き落とされそうになろうともまもろうとする強固な意志がありその性格が伺えます。

いいか悪いかは別にして・・そんな強固な信念をもつニック司祭にも過去には酒に溺れて家族を失った経緯があるとハンジとの会話の中で自ら語っています。 以前はどのような職に就きどのような生き方をしていたのかは不明ですが、ウォール教に入信する前と後ではかなりの違いがあるのは容易に想像つきます。

 アニメ版の最終話は比較的安全なウォール・シーナにおいて信者とウォール教の教会でしょうか?そちらで説法してるよですのでウォール教内でもかなりの地位に上りつめてるようです。

巨人が襲う845年前までは街頭での布教活動をおこなっており、特別兵法会議で出会った時には、エレン曰く「誰にも相手にされていなかった。」 と当時の事を語っています。

ニック司祭2   Google 検索.png 

巨人が845年壁を壊し脅威の度合いが増したそれ以降にウォール教の信仰も広がりをみせ民衆に与えれる影響も多大になっていたものと思われれます。 

 

進撃の巨人 ブログランキングへ
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
愛すべき名脇役 ニック司祭 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。